トラックの車両総重量と積載量について知ろう

一般の乗用車を運転する場合、車体の重量はほとんど気にする機会がありませんが、トラックの場合は「重量」はいろいろな点で大切です。

 

特に、はじめて引っ越しや、荷物の運搬でレンタカーでトラックを借りる場合には、載せたいものがすべて載るか不安に思うはずです。

 

たとえば車体の重さによって大型、中型など必要な免許が違ってきますし、積める荷物の重さにも違いがでてきます。トラックにまつわる重量についてまとめましょう。

 

 

車体重量 荷物やドライバーが乗っていない状態の車体の重さのことです。

 

軽トラックのようにキャブ(運転席がある箱部分のことです)と荷台が一体になっているタイプはシンプルですが、大型トラックのようにキャブが独立しているタイプは、シャシーや荷台の重量も加算します。燃料、オイル、水など標準装備の重量も加算します。

車体総重量 ドライバーや荷物を最大限に積み込んだときの重量です。「20tトラック」といった場合の「20t」というのは、車体の重さではなく、こちらの車体総重量を示しているのです。

 

ちょっと計算してみましょう。ドライバーの体重は1人55kgとして計算するのが普通です。そのため定員3名のトラックの車体総重量は「車体重量+(55kg×3名)+最大積載量」となります。

積載量

すべてのトラックには「最大積載量」が決まっています。よく見るとテール部分やコンテナ部分にプリントされていることもありますよね。この最大積載量は、上記で述べた車体総重量によって左右されます。前述の計算式を逆算すると、最大積載量の数値がでてきますよね。

 

この場合、平ボディのトラックはウィングボディと比較して車体重量が軽いため、最大積載量は大きくなります。一見すると同じトラックでも最大積載量に違いがあるのは、たとえばこのようなことがあるためです。

 

ただ、トラック製造のメーカー側で設定した最大積載量は、数字的にはかなり余裕を持たせてあります。つまり、前述の計算式ではドライバーの体重を「55kg」としていましたが、55kgの人が3人で乗るのと、150kgの人が乗るのとでは、最大積載量が300kgも変わってきます。

 

ぎりぎりの数字を提示すると加重オーバーになるリスクがあるため、「いろいろと条件が変わってもこれくらいなら加重オーバーしないだろう」という数字を設定しているわけです。

 

興味のある方は、自前のトラックのポテンシャルをちょっと計算してみるのも面白いですね。