ニコニコレンタカーのトラック・軽トラック

ニコニコレンタカーは、全国に1,500店舗を展開している格安レンタカーです。

 

格安料金の秘密は、レンタル車として中古車を活用している点。これによって大幅なコストカットをはかっています。

 

そんな格安レンタカーで、トラックをレンタルした場合の料金は? 事故時の補償は?

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックの気になる点をまとめて紹介します。

 

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックのラインナップを紹介

ニコニコレンタカーで貨物運搬用にレンタルすることができるのは、平ボディのトラックとバンになります。

 

クラス 車種 概要 取扱い車の例
F ミニバン 7人乗り以上のワンボックスバン、ミニバン 日産セレナ、トヨタノア、ホンダステップワゴン など
T1

軽トラック
ライトバン

軽トラック……排気量660cc以下、最大積載量350kg以下
商用バン……1,500cc以下、最大積載量500kg以下

スズキキャリー、ダイハツハイゼット(軽トラック)

日産ADバン(ライトバン)  など

T2

トラック
キャブオーバー型バン

トラック……積載量501kg以上〜2t以下 トヨタタウンエーストラック(トラック)

トヨタライトエースバン、トヨタハイエースバン(バン) など

 

T2クラスのトラック、バンは、店舗によって取り扱っている車両のサイズ(最大積載量)が異なります。

 

積載量や、荷台の大きさなど、サイズの詳細情報については、利用店舗に直接、問い合わせてください。

 

ちなみに、Fクラスのステップワゴンは、名前がまぎらわしいですがワンボックスバンです。

 

 

AT車とMT車

ニコニコレンタカーでは、乗用車はすべてオートマ車(AT車)となっていますので、バンはサイズにかかわらず、オートマ車です。

 

トラックのほうは、オートマ車もありますが、店舗によってはマニュアル車(MT車)の場合がありますので、店舗に確認してください。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックの料金

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックの料金は、クラスごとの区分に分かれています。

 

各クラスの、時間ごとの料金と、延滞した場合の料金を表にまとめました。上段が会員価格、下段が一般価格になります。

 

 

Fクラスの料金

 

6時間 12時間 24時間 延滞料金(1時間まで)
6,200円 7,600円 9,400円 3,100円
7,200円 8,800円 11,000円 3,600円

 

 

T1クラスの料金

 

6時間 12時間 24時間 延滞料金(1時間まで)
3,800円 4,300円 5,700円 1,900円
4,300円 5,200円 6,500円 2,150円

 

 

T2クラスの料金

6時間 12時間 24時間 延滞料金
6,200円 7,400円 9,400円 3,100円
7,100円 8,500円 10,800円 3.550円

 

24時間以上レンタルする場合は、料金は、6時間、12時間、24時間の組み合わせで計算していきます。

 

例えばT1クラスのトラックを48時間レンタルするときは、「24時間 + 24時間」で、11,400円になります。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックをレンタルするときの流れ

 

レンタル手続きの流れ

 

 

空車検索

トップページの検索フォームに、

 

  • 利用予定の都道府県
  • 市区町村
  • 車両クラス(今回はF、T1、T2のどれか)
  • 利用日時

 

を入力して、検索します。普通乗用車はほぼすべての店舗で取り扱っていますが、トラック・軽トラックは取り扱いがない店舗もあります。

 

また、T1クラスは扱っているけれどT2クラスは扱っていないとか、車両数が少なくてすぐに予約がいっぱいになるなど、トラック・軽トラックはじゃっかんの制約がありますので、事前の空車検索をおすすめします。

 

広い地域を一括で検索したい方は、「トラック・バン取扱店」のページから、トラック・軽トラックを扱っている店舗を、都道府県全体からまとめて検索することができます。

 

 

レンタル予約

店舗を検索し、空車を確認したら、予約を入れます。

 

  • パソコン
  • 携帯・スマートフォン
  • 電話

 

などに対応しています。

 

パソコン、携帯・スマートフォンは、検索画面から予約フォームに進み、利用日時やオプションの有無などを選択し、内容確認ののち、予約を入れます。

 

電話は、店舗詳細情報の画面に電話番号が表示されますので、そちらの番号を利用してください。

 

AT車とMT車は予約画面で確認できる

予約手続きを進めていくと、「選択内容の確認」という画面で、希望日時や選択した車両クラスなどとともに、AT車かMT車かが表示されます。

 

前述のように、軽トラックはマニュアル車の場合もあるので、この画面で確認しましよう。

 

バンや乗用車は基本的にAT車だが、トラックはMT車も少なくない

 

AT車とMT車

 

予約はいつからいつまでできる?

レンタル予約は、利用予定日の2ヵ月前から入れることができます。当日は、出発日時の3時間前であれば、予約を受け付けてもらえます。

 

 

貸渡手続き・支払い

利用当日は、以下の書類が必要です。

 

  • 運転免許証
  • ニコニコレンタカーの会員の方(ニコレンメイト)は、会員証
  • 本人確認書類

 

貸渡証の作成、保険や事故時の説明などを受け、料金の支払いをすれば、手続きは完了です。

 

支払いは、現金またはクレジットカードが利用できます。

 

本人確認書類

次のうち、いずれか1点を持参してください。

 

本人氏名と現住所の記載があるもの

健康保険証
年金手帳
パスポート
在留カード

発行から2ヶ月以内、本人氏名と現住所の記載があるもの

公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHK)
税金などの領収書(社会保険料領収書・国税、地方税領収書・納税証明書)
住民票
印鑑登録証明書

上記以外

住民基本台帳カード(本人氏名と現住所、顔写真の記載があるもの)
社員証・学生証(本人氏名と顔写真の記載があるもの)
クレジットカード(カード決済の場合)

 

 

帰着手続

車両返却前に、ガソリンは満タンにしておきます。

 

店舗では、車のキーと車検証、給油した領収書を提示し、返却手続きを行います。

 

スタッフが車両を確認し、料金の精算を行ったら、手続きは完了です。

 

 

予約の変更・キャンセルなど

予約の変更

 

手続き方法 期限 変更可能回数
電話(コールセンター、予約店舗) 出発の3時間前まで 2回まで

 

キャンセル

何日前にキャンセルするかで、手続き方法やキャンセル料が変わってきます。

 

〜3日前 2日前、前日 当日
手続き方法

電話(コールセンター、予約店舗)
WEBページ

電話(コールセンター、予約店舗) 電話(コールセンター、予約店舗)
キャンセル料 無料 基本料の30% 基本料の50%

 

連絡がないまま、出発予定時刻を1時間以上過ぎた場合は、当日キャンセルの扱いになります。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックの保険・補償制度

保険・補償

 

付帯の有無 概要
基本補償 自動付帯 事故による人や物に対する損害を補償する
免責補償 任意加入 事故時の免責額を補償する
免責補償プラス 任意加入 営業補償料(NOC:ノンオペレーションチャージ)を補償する

 

基本補償

運転中の事故による、人や物への賠償を補償する保険で、人に障害を負わせたり、物品に損害を与えてしまったケースが対象です。

 

対人補償、対物補償、人身傷害補償、車両補償がセットになっています。

 

補償の種類 補償の限度額 免責額
対人補償 1名あたり無制限。 なし
対物補償 1事故あたり無制限。 5万円
人身傷害補償

死亡 3,000万円(1名あたり)
後遺障害 3,000万円(1名あたり)

なし
車両補償 1事故あたり車両時価額 5万円

 

対人補償

運転中の事故で他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合の補償です。

 

死傷させた相手の、治療費や慰謝料などを補償します。

 

運転者自身がけがを負ったり、身内を死傷させたケースは補償の対象外となります。

 

対物補償

運転中に他人の「物」を破損させ、損害賠償責任を負った場合の補償です。

 

対象は他人の車や壁などのほか、道路上にある電柱やガードレールなども含みます。

 

自宅の壁や自分の車にぶつけて破損させた、という場合は対象外です。

 

人身傷害補償

事故で、自分自身や同乗者が死傷した場合、治療費や慰謝料、休業損害などを補償します。

 

他人を死傷させた場合は上の「対人補償」、自分や身内、同乗者の死傷は、こちらの人身傷害補償になるわけです。

 

車両補償

事故で、運転していた車両が破損した場合に、修理費などを補償します。

 

補償は、過失の有無に関係なく受けることができます。運転していた人の過失で事故が起きた場合も、補償の対象です。

 

前述の対物補償は、他人の車両の損害を補償しましたが、こちらの車両補償は自分の車両(この場合はレンタル車)の損害を補償するという違いがあります。

 

免責額とは

免責額が設定されている保険は、事故が起きた場合に、保険加入者が決められた額を必ず負担します。

 

ニコニコレンタカーの場合は、対物補償、車両補償に5万円の免責額が設定されています。

 

そのため、物を壊したケース、車両が破損したケースは、レンタカー利用者が5万円を負担し、賠償額が5万円を上回ったら、残りを保険会社が負担する、という内訳になります。

 

賠償額が5万円以下だった場合は、免責額の5万円で支払われるため、保険会社は補償金を負担しません。

 

免責補償制度

免責補償制度に加入しておくと、事故が起きた場合に、免責額の5万円の支払いは免除されます。

 

加入料は、レンタルする車両のクラスにかかわらず、24時間で1,080円です。

 

レンタル期間が、15日以上1ヵ月未満の場合は、加入料は15日分を支払います。

 

5万円って小さくないですから、万が一のことを想定して、加入しておいたほうがいいですね。

 

免責補償プラス

ノンオペレーションチャージとは、事故を起こしてレンタル車両が破損した場合、店舗に支払う賠償金です。

 

通常は損害を与えた側、つまり運転者が支払いますが、免責補償プラスに加入しておくと、ノンオペレーションチャージの支払いが免除されるサービスです。

 

加入料は、24時間で540円です。また、免責補償制度との同時加入が条件です。

 

免責プラス

 

ノンオペレーションチャージが発生した場合の金額

自走して予定営業店に返還された場合 20,000円
自走して予定営業店に返還不能の場合 50,000円(レッカー費用は別)

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックのオプションサービス

 

禁煙車 一部の店舗で選択することができます。WEB予約画面、または店舗に電話で確認してください。
カーナビ 予約時に申し込むと装備することができます。料金は1日540円です。なお、T1、T2クラスの車両は、カーナビが装備できないこともあります。
チャイルドシート 予約時に申し込むと、レンタルすることができます。料金は1日540円です。なお、1才未満用のチャイルドシートは用意されていません。
ペット同乗サービス 犬・猫に限り、同乗することが可能です。利用する際は事前に申告し、ペットはケージに入れて乗せてください。
車両・バイクお預かりサービス 乗って来た車やバイクを店舗で預かってくれます。サービスの有無、料金などについては店舗によって異なりますので、利用店に直接確認してください。
宅配レンタカー スタッフが希望の場所に車両を届け、返却時にはスタッフが、希望の場所まで車両を引き取りにうかがいます。料金は、片道1,340円 往復2,570円(税込)です。
乗り捨てサービス ニコニコレンタカーでは乗り捨てサービスは行っていません。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックを利用する際の注意点

レンタルできる条件について

  • 免許証取得から3ヵ月未満の場合は、免許取得3年以上の方が同乗するのが条件です。
  • 仮免許の方は利用することができません。
  • 国際免許の方は利用することができません。

 

 

貸渡手続きについて

  • 運転者が複数いる場合は、全員の免許証の提示が必要です。
  • 6歳未満の子供が同乗する場合は、チャイルドシートの使用が必須です。
  • 出発または返却が23:00〜5:00の間になる場合は、基本料金に1,080円(税込)の深夜手数料が加算されます(2018年11月1日から)。

 

 

補償やトラブルについて

  • 免許取得から1年未満の方と、満21才未満の方は、免責補償制度に加入することはできません。
  • 事故の補償は、貸渡手続きの際に免許証を提示していれば、全員が対象になります。
  • 浅いへこみやこすっただけのすり傷も、すべて「事故扱い」になりますので、事故受付センターに連絡してください。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックについての口コミ

ニコニコレンタカー、ここが良かった!

  • 良いところは、何といってもレンタル料金が安いこと! これに尽きます。
  • 格安料金だけど、基本的な補償はちゃんとついてます。お値段優先なら、これで充分。

 

 

ニコニコレンタカー、ここが悪かった!

  • レンタル車がとにかく古い! 見た目はがまんするとして、アクセルやブレーキなどがちゃんと作動するか、ヒヤヒヤして乗りました。少なくともブレーキは、出発前にチェックしたほうがいいです。
  • 店舗によってサービスの質にばらつきがあります。感じのいい店もあるけれど、二度と行きたくない接客の店も。
  • いざトラブってみると、補償対象外のケースが多いです。自損事故や当て逃げは対象外なので注意です。
  • 傷だらけの車を貸しておいて、傷がついたから修理費を払えと言われました。もちろん、覚えのない傷です。
  • 出発前にボディの傷をチェックして、撮影もしておくべき。修理費を請求されたら、写真を見せて抗議したほうがいいです。

 

 

ニコニコレンタカーのトラック・軽トラックの口コミまとめ

ニコニコレンタカーのメリットは、やはり料金の安さ。

 

多少問題や不備があっても、とにかくレンタル料金を安く済ませたい! という方は、おおむね高評価をつけているようです。

 

ニコニコレンタカーが格安なのは、冒頭で述べたようにレンタル車に中古車を使用していること、それからガソリンスタンドや板金業が副業として営業していることが、大きいようです。

 

中古車レンタルですから、当然、ボディに傷のある車両も多いです。

 

その結果、つけた覚えのない傷の修理代を請求される、というトラブルが起きることになります。この、車体の傷にかんするクレームは、ネット上でかなり多く見られました。

 

トラックの場合はもっと傷がつきやすいですから、トラブルはより多くなりそうです。それがネックですね。

 

口コミにもあったように、貸出しの際にはスタッフと一緒に傷をチェックして、撮影しておくことも大切です。