トラックを運転するために必要な免許は?

高速を走るトラック

 

トラックを運転する場合、どんな免許が必要になるのでしょうか?

 

引っ越しや運搬ではじめて2トントラックなどをレンタカーで借りる場合、免許については知っておかなければなりません。

 

大型トラックを運転する場合は大型免許、中型トラックを運転する場合は中型免許が必要ですが、普通免許で運転できるトラックもあります。

 

 

大型免許

車体重量11t以上、積載量が6.5t以上が大型トラックです。普通免許、中型免許、大型特殊免許を取得してから3年以上の経験がある方が、試験を受けることができます。大型特殊免許というのは、フォークリフトやクレーン車などを運転するために必要な免許のことで、18才から取得することができます。

 

教習料金は、研修費用、教本代、試験費用などを合わせて、30〜40万円、中型免許を持っている方は20〜30万円くらいが、それぞれ必要です。大型免許があると中型車両も普通車両も運転することができます。

中型免許

車体重量5〜11t、積載量3〜6.5tが中型トラックになります。試験を受ける条件は、普通免許または大型特殊免許を取得してから2年以上の経験、となっています。費用は15〜20万円ほど。

 

中型免許は2007年6月の道路交通法改正で規定された、新しい免許です。それ以前は普通免許で中型車両も運転できたのですが、中型車両を運転するためには普通車両とは違った技術が求められますし、やはり事故を起こすドライバーも多かったため、あらたに設けられたのです。聞き慣れない方もあるかもしれませんね。

普通免許

現在、普通免許で運転できるトラックは、車体重量5t未満、積載量3t未満の、いわゆる軽トラックになります。

 

ただし、中型免許のところでふれたように、2007年6月以前に免許を取得した方は、8tまでの中型トラックも運転することができます。免許証を見ると「免許の条件等」として「中型車は中型車(8t)に限る」と記載があります。誤解を生む書き方で良くないと思うのですが、車体重量8tまでの中型車を運転できる、ということです。それより重くなると中型トラックでも運転できないので注意してください。

 

ちなみに、大型トラック、軽トラックの分類は車体重量と積載量で決まります。排気量や馬力は考慮されません。たとえ超高馬力の軽トラックがあったとしても(なんだか危なそうですが)、普通免許でOKです。

 

レンタカーを借りて引っ越しするような場合、主に利用するのは2トントラックか軽トラックかと思います。参考にしてみてください。