3分でわかるタイムズカーレンタル

レンタカー

 

タイムズカーレンタルは、会員割引、シニア割引、学生割引など割引サービスのバリエーションが多めに用意されています。

 

地域ごとの割引やキャンペーンもあるため、レンタル前にはこれらをチェックするのがおすすめです。

 

カーナビやETC車載器のレンタルは遠距離引っ越しに便利です。

 

しかし、タイムズカーレンタルでは、トラックを取り扱っている店舗はあまり多くありません。

 

店舗総数自体が比較的少ないので、軽自動車やセダンなど、よりニーズの多い車種がメインになっているのかもしれません。

 

引っ越しで利用しようと考えているなら、まずはトラックをレンタルできるかどうか、事前の確認が必須です。

 

 

レンタカーでトラックを借りるより、引っ越し業者を頼んだ方が安いかも!?

 

 

レンタカーを借りる前に知っておこう!

 

タイムズカーレンタルで借りられるトラックの種類

 

タイムズカーレンタルでは、取り扱っているトラックは以下のタイプです。

 

平ボディ

T1、T2、T3、T4、T5、T6の6種類のサイズ(1tから4tまで)

 

アルミバン

Z1、Z2、Z3、Z1P、Z2Pの5種類(サイズはすべて2t)

 

車種を指定して借りることも、車両タイプだけを選択して借りることもできます。

 

予約方法は?

 

店舗に直接行ってもよいのですが、ネット予約だと、空車状況を確認して申し込むことができます。

 

特に、引っ越しシーズンはトラックのレンタルも増えるかもしれませんので、ネット予約がおすすめです。

 

料金システム

 

レンタル料金は、「基本料金」と「付帯料金」の合計で算出されます。

 

基本料金

 

車の使用料金です。6時間、12時間、24時間の時間料金制で、車両のクラスごとに料金が設定されています。

 

レンタルの延長は、1時間単位と1日単位で追加することができます。

 

付帯料金

 

顧客が自分のニーズに合わせて付け足すオプションサービスの料金です。

 

オプションには、

 

  • ワンウェイ料金
  • 装備品
  • 保険
  • 補償金
  • 燃料代
  • 延長料

 

などがあります。

 

ワンウェイサービス

 

利用料金は、レンタルした店舗と車両を返却した店舗の距離で料金が計算されます。

 

トラックのワンウェイサービス料金は以下の通りです。

 

50kmまで 100kmまで 150kmまで 200kmまで
無料 7,020円 11,340円 14,580円

 

以降は50kmごとに3,240円ずつ加算、となっています。

 

タイムズカーレンタルのサイト内に料金シミュレーションがありますので、距離がよくわからない方は利用してみましょう。

 

チェック ちなみに北海道と本州間のワンウェイサービスは利用できません。

 

また、四国と本州間、四国と九州間で利用する場合は、フェリー料金が上乗せされます。

 

装備品

 

カーナビゲーションとETC車載器は無料で利用できます。

 

引っ越し先が遠方の場合は、これらが無料で装備されるのはうれしいですね。

 

スタッドレスタイヤの装備は24時間で1,620円、最長4日間レンタルできます。

 

ただし、雪が積もる地域は、冬季はスタッドレスタイヤは標準装備になるため、料金は要りません。

 

店舗で確認してください。

 

ブルーシート、ロープ、幌

 

トラックなど商用車用のオプションです。

 

荷物の固定や雨よけに便利です。

 

ブルーシート ロープ
540円 324円 1,620円

 

いずれも利用の時間制限はないので、車両返却時までの金額になります。

 

保険・補償

 

レンタル時に免責補償コースに加入しておくと、事故を起こした際に、対物免責額と車両補償免責額を、タイムズカーレンタルが負担してくれるサービスです。

 

加入料は車両のサイズに応じて、1,080円〜2,160円です。

 

燃料代

 

車両返却時ガソリンが満タンになっていないときは、使用した分の燃料代が精算されます。

 

延長料

 

契約時間を延長する場合は、レンタルした店舗に事前に連絡します。

 

延長時間に応じて返却時に精算されます。

 

支払い方法

 

支払い方法は、ネット予約した方はクレジットカード払いになります。

 

店頭での申し込みはカード払いと現金払いが選択できますが、現金払いは身分証明書の提示が必要ですから、注意してください。

 

レンタル料は基本的にレンタルするときに支払います。

 

ただし、燃料代、延長料、自己の負担金などは、車両を返却する際に追加料金として支払います。

 

ハイシーズン料金とは?

 

年末やお盆など、レンタカーを利用する方が多い期間は、ハイシーズ料金といって、レンタル料金が千円から千数百円ほど高くなります。

 

列車も、年末年始や連休期間は運賃が割高になりますよね。

 

ただ、トラックに関しては商用車ということで、ハイシーズン料金は適応されません。

 

ハイシーズン料金の期間は、

 

年末年始 ゴールデンウィーク お盆
12月28日〜1月3日 4月28日〜5月5日 8月10日〜8月16日

 

以上の3つの期間になります。

 

※変更される可能性もありますので、ご利用前には必ず公式HPでご確認ください。

 

割引サービス

 

タイムズカーレンタルの割引サービスは、

 

  • 会員割引
  • シニア・学生割引
  • 地域限定キャンペーン

 

などがあります。

 

会員割引

会員割引は、ホームページから車両クラス指定で申し込むと、最大で20%の割引サービスを受けることができます。

 

シニア・学生割引

シニア・学生割引の「いってきマンゴー」は、シニアの方は免許証、学生の方は免許証と学生証を店舗に持参すると、レンタル料が15%割り引かれるサービスです。

 

地域限定キャンペーン

地域限定キャンペーンは、たとえば北海道はスタッドレスタイヤがサービス装備など、地域色のあるサービスが特徴です。

 

30%以上の大幅割引や特定車種の割引といったお得なプランがあることもありますので、レンタルする際は必ずチェックしてみましょう。

 

キャンセルする場合は

 

レンタルの予約をキャンセルするときは、予約日の7日前までに連絡すればキャンセル料はかかりません。

 

そのあとは、

 

予約日の6日前〜3日前 2日前〜前日 当日
基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%

 

のキャンセル料が発生します。

 

チェック なお、当日に、店舗に連絡を入れないまま、予約時間を1時間過ぎると、自動的にキャンセルになってしまいます。

 

引っ越しの日を忘れる方はないと思いますが、予約時刻を間違えていた、というミスには気をつけましょう。