オリックス トラック レンタルのトラック・軽トラック

オリックス トラック レンタルは、レンタカーでよく知られているオリックスレンタカーの、商用車・トラック専門のレンタル部門です。

 

軽トラックから大型トラック、商用バンなど、幅広いサイズの運搬車両をレンタルすることができます。

 

オリックス トラック レンタルのラインナップ、料金体系、補償制度など、利用にあたって必要な情報を全部紹介します。

 

 

 

オリックス トラック レンタルのトラック・軽トラックのラインナップを紹介

 

トラック

 

車種 クラス 積載量(kg) パワーゲート
TSS 350
1t TA 750

 

2t

標準  TB 2,000

ロング  TC 2,000
ロングワイド  TD 2,000

ハイブリッド  TE 2,000

 

3t

ショート  TE 3,000
標準  TE 3,000

 

 

4t

ショート  TG 4,000
ロング  TG 4,000

ロング(深アオリ)  TG 4,000

 

ダブルキャブ

標準  TWB 2,000

ロング  TED 2,000

 

「深アオリ」は、荷台を囲んでいる板(アオリ)の高さが高くなっているタイプです。

 

ダブルキャブは、シートが前後2列になっており、最大で5人まで乗車が可能なトラックのことです。

 

ダブルキャブのシート配列

 

 

アルミバン

 

車種 クラス 積載量(kg)

パワーゲート /
バックアイカメラ 

 

2t

標準  TAB 2,000 × / ○
ロング  TAC 2,000 ○ / ○
ロングワイド  TAD 2,000 ○ / ○
3t TAE 3,000 ○ / ○

 

4t

ショート  TAE 3,600 ○ / ○
ロング  TAG 3,150 ○ / ○
ウィング  TWG 3,050 ○ / ○

 

アルミバンはコンテナ部分が重いため、その分、積み込むことができる荷物の重量が少なくなります。

 

4tトラックサイズになると、積載量が4tよりずっと少なくなる点に気をつけましょう。

 

 

バン

ライトバン
クラス 乗車定員 積載量(kg) その他
VA 2/5 400/250 AT車
VB 2/5 400/250 AT車

 

VBのほうが、車内スペースが少し細長くなっています。

 

ワンボックス
車種・クラス 乗車定員 積載量(kg) その他
軽 VOS 2/4 350/250 AT車
標準 VOA 3/6(2/5) 750/500 AT車
ロングバン VOC 3/6/9(2/5/8) 1,000/750/500 AT車
スーパーロングバン VOD 3/6/9 1,000/750/600 AT車あり
チルド車 TRA 3 1,000 AT車あり

 

積載量は、何人乗車するかで変わります。たとえば軽バンの場合は、2人乗りだと350kg積むことができますが、4人で乗ると250kgしか積むことができません。

 

乗車定員や積載量は、車両の型式によって変わることがあります。

 

 

オリックス トラック レンタルでトラック・軽トラックをレンタルする

 

レンタル手続きの流れ

 

 

空車確認・予約など

空車の確認、車両の予約などを行う場合は、利用する店舗に直接連絡をして、手続きをします。

 

ホームページから一括で検索したり、予約ができるレンタカーが多いですが、オリックス トラック レンタルのホームページには、そうした機能はありません。

 

「営業所案内」のページに入ると、地区ブロックごとに、全国の営業所の電話番号とFAX番号が掲載されていますので、お近くの営業所を探して連絡をしてください。

 

営業所ごとのページでは、営業時間とアクセス方法、地図などを見ることができますが、申し込みフォームやメールアドレスなどはないようです。

 

予約金について

レンタル予約には、予約金が必要になります。

 

予約金として支払った金額は、車両を貸渡す際に、レンタル料金から差し引かれます。

 

予約金 6,480円(税込)(全車種共通)

 

予約のキャンセル

キャンセルした場合は、日数に応じた取り消し手数料が発生します。

 

利用日の7日前まで 2日前〜前日 6日〜3日前 当日
無料 基本料金の20% 基本料金の30% 基本料金の50%

 

なお、キャンセル料の上限は、6,480円です。

 

 

貸渡し手続き、料金の支払い

利用当日に、店舗で貸渡しの手続きを行い、レンタル料金を支払います。

 

予約金を支払っていた人は、予約金の6,480円を差し引いた金額が、レンタル料になりますので、注意しましょう。

 

レンタル料金は現金払いとなっており、クレジットカードや電子マネーなどによる支払いはできません。

 

ガソリン、オイルは利用者の負担で

車両をレンタルしている間に使ったガソリンは、原則として利用者が負担します。

 

返却前に給油しておきましょう。また、オイルを補充した場合も、利用者の負担です。

 

車両の返却

返却手続きを行います。

 

  • 燃料代
  • 超過料金
  • ノンオペレーションチャージ

 

などが発生した場合は、手続きの際に清算します。

 

前述のように、燃料代は基本的に利用者の負担になりますから、ガソリンを満タンにせずに返却すると、燃料代が発生します。

 

ノンオペレーションチャージは、事故を起こした場合の営業補償金です。

 

超過料金、ノンオペレーションチャージについては、次のトピックであらためて解説します。

 

これらの支払いも、レンタル料と同じく、現金支払いになります。

 

契約時間を超過した場合

車両の返却が契約時間内にできないときは、早めに出発店舗に連絡を入れましょう。

 

返却が営業時間内に間に合わない場合は、翌日の営業開始時間に返却になります。

 

超過料金は、超過した時間と車両のクラスによって決まります。具体的な金額は、次のトピックにまとめていますので、参考にしてください。

 

 

オリックス トラック レンタルのレンタル料金

トラック・軽トラックの基本料金

 

6時間 12時間 24時間
TSS(軽) 5,400円 6,480円 7,560円
TA(1〜1.5t) 7,560円 10,260円 12,960円
TB(2t標準) 9,180円 12,420円 15,120円
TC(2tロング) 12,420円 15,660円 19,440円
TD(2tロングワイド) 14,040円 18,360円 23,220円
TE(2tハイブリッド〜4t未満) 15,120円 19,440円 24,840円
TG(4t標準) 17,820円 23,760円 29,700円
TH(4tロング) 19,440円 25,920円 32,400円
TI(4t超ロング) 21,060円 28,620円 35,640円

 

トラック・軽トラックの超過料金

 

クラス 追加1時間 追加1日
TSS(350kg) 1,080円 5,400円
TA(1t〜1.5t) 1,620円 8,640円
TB(2t標準) 2,160円 10,800円
TC(2tロング) 2,700円 13,500円
TD(2tロングワイド) 3,240円 15,660円
TE(2tハイブリッド〜4t未満) 3,240円 16,740円
TG(4t標準) 3,780円 18,360円
TH(4tロング) 3,780円 19,980円
TI(4t超ロング) 4,320円 21,600円

 

 

アルミバンの基本料金

 

クラス 6時間 12時間 24時間
TAB(2t標準) 12,420円 15,660円 19,440円
TAC(2tロング) 14,040円 18,360円 23,220円
TAD(2tロングワイド) 16,740円 22,680円 28,080円
TAE(3t〜4t未満) 19,980円 28,620円 33,480円
TAG(4t標準) 24,300円 34,560円 38,880円
TAH(4tロング) 25,920円 36,720円 41,580円
TWG(4tウィング) 28,080円 39,960円 44,820円

 

アルミバンの超過料金

 

クラス 追加1時間 追加1日
TAB(2t標準) 2,700円 13,500円
TAC(2tロング) 3,240円 15,660円
TAD(2tロングワイド) 3,780円 19,440円
TAE(3t〜4t未満) 3,780円 20,412円
TAG(4t標準) 4,860円 24,300円
TAH(4tロング) 4,860円 25,920円
TWG(4tウィング) 5,400円 28,080円

 

 

バン

ライトバンの基本料金

 

クラス 6時間 12時間 24時間
VA(400/250kg) 6,480円 9,180円 10,260円

 

ワンボックスの基本料金

 

クラス 6時間 12時間 24時間
VOS(350/250kg) 5,400円 6,480円 7,560円
VOC(1000/750/500kg) 10,260円 13,500円 15,660円

 

ライトバン・ワンボックスの超過料金

 

クラス 追加1時間 追加1日
ライトバン VA(400/250kg) 1,620円 7,560円

 

ワンボックスバン

VOS(350/250kg) 1,080円 5,400円
VOC(1000/750/500kg) 2,160円 11,340円

 

 

オリックス トラック レンタルの保険、補償、オプションサービス

保険・補償

基本補償と免責補償はありますが、ノンオペレーションチャージを補償するサービスはありません。

 

付帯の有無 概要
基本補償 自動付帯 事故による人や物に対する損害を補償する
免責補償 任意加入 事故時の免責額を補償する
営業補償料(NOC:ノンオペレーションチャージ) サービスなし 事故によって生じた営業損失を補償する

 

基本補償

運転中の事故で、人に障害を負わせたり、物品に損害を与えてしまった場合に、賠償を補償します。

 

対人補償、対物補償、人身傷害補償、車両補償がセットになっています。

 

補償の種類 補償の限度額 免責額
対人補償 1名あたり無制限。 なし
対物補償 1事故あたり無制限。 5万円
人身傷害補償 1名あたり3,000万円 なし
車両補償 1事故あたり車両時価額 5万円

 

対人補償

運転中の事故で他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合の補償で、死傷させた相手の、治療費や慰謝料などを補償します。

 

補償の対象になるのは、「他人」を死傷させたケースです。身内の場合は補償の対象外です。

 

対物補償

運転中に他人の「物」を破損させ、損害賠償責任を負った場合の補償です。

 

対象は他人の車や壁などのほか、道路上にある電柱やガードレールなども含みます。

 

他人の財産が対象になるため、自宅の壁や自分の車にぶつけた場合は対象外です。

 

人身傷害補償

事故で、自分自身や同乗者が死傷した場合、治療費や慰謝料、休業損害などを補償します。

 

また、180日以内に後遺障害が発生した場合には、死亡補償額を上限として、障害の程度に応じた補償を受けることができます。

 

車両補償

事故で、運転していた車両が破損した場合に、修理費などを補償します。運転していた人の過失で事故が起きた場合も、補償の対象です。

 

対物補償は他人の車両の損害を補償するのに対し、車両補償は自分の車両(この場合はレンタル車)の損害を補償します。

 

車両補償の免責額は、以下のようになっています。

 

  • アルミバン・マイクロバス・架装車など……10万円
  • 2t以上のトラック・ダブルキャブ……7万円
  • その他の車両……5万円

 

オリックス トラック レンタルの免責額は、車両サイズが大きいと高額になる

 

免責額の違い

 

免責額について

事故を起こして損害賠償が発生した場合に、運転者が負担する金額分を、免責額といいます。

 

オリックス トラック レンタルは、対物と車両に賠償を求められたケースで、5〜10万円の免責額が設定されています。

 

たとえば免責額が5万円だった場合、賠償額が5万円以下だった場合は、免責額の5万円で賠償が支払われます。

 

賠償が5万円以上になった場合は、不足分を保険会社が負担する、というシステムになっています。

 

免責補償制度

免責補償制度に加入しておくと、免責額の支払いが免除になります。

 

2t以上トラック、ダブルキャブ、アルミバン、架装車 2,160円(税込)
上記以外のクラス 1,080円(税込)

 

どちらも、24時間あたりの金額です。

 

ちなみに、免責額の補償を受けるには、シートベルトの着用が条件になっています。

 

営業補償料(NOC:ノンオペレーションチャージ)

基本補償は、事故の相手や運転者などが被った損害にかんするものでしたが、ノンオペレーションチャージは、レンタル店の損害に対する賠償金です。

 

事故でレンタル車両が破損した場合、営業利益の低下、車両買い替えなどの負担が生じます。その損失を運転者が補償するものです。

 

オリックス トラック レンタルでは、ノンオペレーションチャージにかんする保険サービスはないため、レンタル契約した人が賠償金を支払うことになります。

 

自走して予定営業店に返還された場合 20,000円
自走して予定営業店に返還不能の場合 50,000円(レッカー費用は別)

 

以上の罰金が発生します。

 

事故補償の内訳はこのようになっている

 

事故補償の内容

 

 

オプションサービス

トラックには、オプションとしてパワーゲートをつけることができます。

 

パワーゲートは動力で上下するステップ型の装置で、荷台の後方に取りつけて使用します。

 

大型の荷物、重量のある荷物を積み込むとき、動力で荷台の高さまで持ち上げてくれるため、重宝します。

 

料金は、24時間で2,160円です。

 

そのほかのオプションとしては、営業所によってはカーナビを利用することができます。直接確認してください。

 

また、クレーンやダンプユニットなどをレンタルするサービスもありますが、一般の荷物運搬にはあまり使用する機会がなさそうですね。

 

乗り捨てサービスや、チャイルドシート、ロープなどのレンタルは行っていません。

 

 

オリックス トラック レンタルのトラック・軽トラックの口コミ

オリックス トラック レンタルだけの口コミはありませんでしたので、オリックスレンタカー全体の評判、口コミになります。

 

 

オリックス トラック レンタル、ここが良かった!

  • 対応がきめ細やかで、しかもいろいろと親切な気配りもしていただきました。また利用します。
  • 貸出しのときに、わざわざ、ここに傷がありますから、と教えてくれました。レンタカーは自分でつけた傷かどうかわかりづらいので、こうした気配りはうれしいです。
  • スムーズな手続きとていねいな対応でした。

 

 

オリックス トラック レンタル、ここが悪かった!

  • 禁煙車を予約したはずなのに、車内にタバコのにおいや焼け焦げがあり、気分が悪かったです。
  • 貸出しも返却も、とにかく手続きに時間がかかる。レンタル時間が手続きで削られるのは納得いかない。
  • ぶつけてしまったので店舗に連絡しましたが、こうした場合の対応が悪すぎます。状況を理解してくれない、手続きに手間取る、態度が悪い……など。研修していないのでしょうか?
  • ぶつけていないのに車体のへこみを指摘され、修理費を取られそうになりました。態度も強引だったし、リピはなしです。
  • いくつかの店舗を利用しましたが、接客態度が悪い店舗が多いです。

 

 

オリックス トラック レンタルのトラック・軽トラックの口コミまとめ

禁煙車を予約したはずなのに、車内に喫煙した形跡があった、という口コミが目立ちました。

 

レンタルするのが乗用車だと、クレームを入れて交換してもらうこともできそうですが、トラックは台数がないので難しいかもしれませんね。

 

消臭スプレーや車用の芳香剤を持参したりするなど、利用者が対策をする必要がありそうです。

 

禁煙車を希望する方は、自分が吸わないだけでなく、残り香などタバコの痕跡を気にする方も多いですから、レンタカー側も気を遣って欲しいところですね。

 

禁煙車関係のほかには、接客があまりよくない、というレビューも少し目立ちました。